舞台機構・特殊機構・環境事業の株式会社サンケン・エンジニアリング

C.A.T System - くれ絆ホール -


ホール名:くれ絆ホール

都道府県
: 広島県
客 席 数
: 624席
竣 工
: 平成28年(2016年)

仕 様

前舞台迫リ
: 1台
エアー浮上式客席ワゴン
: 6台
可変速バトン
: 10台
照明バトン
: 4台
音響反射板
: 1式
可動プロセニアム
: 1式

新庁舎は「庁舎棟」「議会棟」「市民ホール棟」「駐車場棟」の4棟から構成されています。
ホールは「プロセニアム形式」と「音響反射板形式」と「平土間形式」での対応ができます。
舞台演劇に限らず講演会や映写会にも対応し。平土間形式にすれば集会や展示会に対応し、そして緊急時には防災拠点になるように計画されています。
客席前列は電動昇降床になっており、センターステージとしても利用が可能になっています。
また、客席前列はにエアー浮上式の客席ワゴンとなっているため、様々なパターンに客席を組み替えることが可能です。

ウィンチは自社製のウィンチとワーグナー・ビロ社製の超静音型ウィンチを用途別に採用、制御システムはC.A.Tシステムを採用することで多彩な動きが実現可能です。
■ 複数の装置を連動させた多彩な運転が簡単に設定・実行できます。
→ デッドマンズ付ジョイスティック操作(ボタンを押しながらジョイスティックを傾け作動、手を離せば停止)の為、より安全です。
■ 制御系は個々の装置毎に必要な機能をユニット化し、イーサネットによるネットワーク網を構築・統合したシステムとなっています。
→ 不具合発生のリスクを分散すると共にコネクターの差替え等で、バックアップ対応も容易に対処できます。
→ 更新・改修・機器の増設等にも柔軟に対応できます。
■インターネット接続によるリモートメンテナンス機能を標準装備しています。

  • プロセニアム形式

  • 音響反射板形式

  • センターステージ形式

  • 超静音型ウィンチ

  • 前舞台迫り駆動部

  • CAT192メイン操作卓

  • 客席

  • エアー浮上式客席ワゴン