舞台機構・特殊機構・環境事業の株式会社サンケン・エンジニアリング

C.A.T System – 鶴見区民文化センター –

ホール名:ホール

都道府県
: 神奈川県
客 席 数
: 548席(最大652席)
竣 工
: 平成22年(2010年)

仕 様

前舞台 迫リ
: 1台
電動走行式舞台
: 1台
手動走行式客席ワゴン
: 3台
可変速バトン
: 17台
照明バトン
: 6台
音響反射板
: 1式
可動プロセニアム
: 1式
 通常は一般的なプロセニアム形式の舞台として、演劇、ダンス、講演会など、音響反射板形式で音楽会といった様々な上演が可能です。 また、舞台前方の床下には固定客席が収納されており、集会や講演利用時などに客席数を拡張することが可能です。
 客席前部は手動ワゴンになっており、ワゴンを床下に収納することで舞台まで含めた平土間形式にもなります。これにより集会や展示会など、コンベンション利用も可能となります。
 ウィンチは自社製のウィンチとワーグナー・ビロ社製の超静音型ウィンチを用途別に採用、制御システムはC.A.Tシステムを採用することで多彩な動きが実現可能です。

■ 複数の装置を連動させた多彩な運転が簡単に設定・実行できます。
→ デッドマンズ付ジョイスティック操作(ボタンを押しながらジョイスティックを傾け作動、手を離せば停止)の為、より安全です。
■ 制御系は個々の装置毎に必要な機能をユニット化し、イーサネットによるネットワーク網を構築・統合したシステムとなっています。
→ 不具合発生のリスクを分散すると共にコネクターの差替え等で、バックアップ対応も容易に対処できます。
→ 更新・改修・機器の増設等にも柔軟に対応できます。
■インターネット接続によるリモートメンテナンス機能を標準装備しています。
  • プロセニアム形式
  • 音響反射板形式
  • 平土間形式
  • 客席ワゴン+走行舞台 +前舞台迫り 及び拡張席
  • 前舞台迫り 駆動部
  • 舞台吊物
  • 吊物制御盤
  • 吊物ウィンチ
  • 舞台スノコ
  • メイン操作卓CAT192

ホール名:小ホール

客 席 数
: 100席
仕 様
照明バトン
: 2台
スクリーン
: 1台
音楽専門のプロセニアムのないシューボックス形式のホールです。 残響が豊かなホールなので、生音を重視したピアノなどに最適で小規模なリサイタルなどに適した大きさです。
  • 舞台
  • 客席

昇降ゲート

仕 様
昇降ゲート
: 1台
文化センターメインエントランス部に設置され、通常は地下ピット内に収納されています。
  • 正面
  • 裏面