舞台機構・特殊機構・環境事業の株式会社サンケン・エンジニアリング

WaagnerBiro社製品 – 相生市文化会館 扶桑電通なぎさホール –

ホール名:大ホール

都道府県
: 兵庫県
客 席 数
: 602席
竣 工
: 平成28年(2016年)

仕 様

前舞台 迫リ
: 1台
緞帳
: 1台
可変速バトン
: 7台
照明バトン
: 7台
幕バトン
: 8台
音響反射板
: 1式

通常は一般的な幕形式の舞台として、演劇、舞踊、コンサートといった様々な上演が可能です。
また、ホールは音響性能上優れたシューボックスを基本としているので、オーケストラや室内楽といった上演では音響反射板形式にすることで表情豊かな演奏を体感することができます。
ウィンチは自社製のウィンチとワーグナー・ビロ社製ウィンチを用途別に採用しています。
その他の施設として、様々な発表の場として活用できる中ホール(260名)、小ホール(60名)、通り抜けができ、展示やロビーコンサートなど多様性のある空間として利用できる市民ギャレリアのほか、会議室6室、和室2室、調理室、音楽スタジオ等を有し、様々な持込み公演から地域密着の各種文化活動や発表会まで、幅広い分野での利用ができます。

  • プロセニアム形式

  • 音響反射板形式

  • 舞台吊物見上げ

  • 吊物ウィンチ

  • 舞台スノコ

  • 舞台スノコ

  • 操作卓

  • 客席